スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

キューの利きは変えられないか?

2016.03.27 *Sun
『キューが利く』とか『キュー切れ』という表現が昔からよく使われますが、これはどのような特性のことを指しているのでしょうか。
『利き(効き)』が示すところはショットの強さ、速度ではなく、押し引きひねりなどのスピン量が十分に手球に伝わること。
つまり、スピン量が球の速度に比べて存分に伝わっているときに使われます。
手球が的玉にヒットしたあと、そのスピンにより生き物のように動くときに『利いた球』と表現されますね。

同じ人でも日によりこの利き加減は結構と違いが出るようです。
筋力や体重がこの『利き』に大きく関わるかというと、そうでもないようで非力で体重も少ない女性選手が強烈な『利き』を見せてくれたりします、肥田緒里恵プロや昔の桂マサ子さんのプレイがまさにそれですね。

『利き』をより高めるためによく使われるアドバイスは『撞点が甘い』というアドバイスですが、このアドバイスを受けてより厳しい撞点にした結果、俄然見事に利くようになったという例はほとんど見たことがありません。
曲玉の名手であるメキシコのロハス選手の強烈な押しのショットのときの撞点は意外に中心のちょっと上であり、決して球の端は撞きません
モーメントを考えればより端を撞けば効果が上がりそうに思いますが、どうも『利き』には厳しい撞点だけが決定要素ではないようなのです。

すると物理的に考えればインパクト時の『力積』を上げるという事が考えられるわけです。
つまりは短い時間ながら少しでも長い時間、キュー先が球をとらえるということであり、そのためには球に触れた直後のキューの加速性が重要になると考えられます。
すると、加速性を増すためにはどのような腕の振り方をするか、あるいは降る腕以外の体の使い方がどうかということを考える必要がありそうです。

このあたりの話になると賛成される方と反対される方に分かれてきます。
プロでも『加速』となると、それは何ですかという方もいます。
『速度』についてはどなたにでも容易にイメージすることができるものですが、『加速』や『力積』を上げろといわれてもなにをどうイメージしたらよいのか実感がつかみにくくなるのです。
そんな風に実感の湧かない考え方を追っても、混乱するだけなのでそんなコーチングは行わないというのもよく解ります。

しかし、この『加速』や『力積』を変えるという事は、飛躍的な能力改善に繋がる可能性のあることと考える方は多いようですし、トッププレイヤー達は自分で意識したかどうかは別にしてもこの辺のところを上手にご自分のフォームやストロークに取り込んでいるように思います。
機会があれば、この話もさらに掘り下げて考えてみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
COMMENT (3)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

No title
タマの話の中には擬音であるとかいろんな形容詞使った表現がいっぱいあります
なにやら雰囲気は伝わる感じはあるものの、それが実際にはどのような現象を指しているのかわから無い事が多いですね。
でも僕はそういうところ嫌いではありません。
ずいぶんまえに軽いタマ、重いタマと表現する方がいてずいぶん意味を考えた記憶がありますが、感覚的にはわかりますが、実のところ意味不明のままです。
2016/03/27(日) 22:34:53 | URL | kk #- [Edit
No title
この話はとても重要なことと思います
しかしこれまでこれを合理的かつ解りやすく解いた説明は見たことがありません
このブログでなくとも、是非この話の続きを読みたいです
2016/03/28(月) 21:56:13 | URL | mm #- [Edit
No title
私もここのところ全く同じ厚みで(的球の飛んでいく方向が同じなのでほぼ同じだと思います)、あたった後直ぐ引けて来る球と、3ポイントほど真横に走ってから引きがかかる球をよく撞いて研究していますが、何をどうすればそのような結果になるか言葉で説明することが出来ません・・・・。 でもその撞きわけが出来るのです。 不思議です・・・・?
2016/03/31(木) 17:20:11 | URL | #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 関東アマチュア3C連盟 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ka3cf

Author:ka3cf
FC2ブログへようこそ!














全記事表示リンク

全ての記事を表示する






検索フォーム








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




QRコード

QRコード




FC2カウンター




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。