FC2ブログ

This Archive : 2015年12月

3アベ時代はいつくるか

2015.12.30 *Wed
 今、ワールドカップ優勝者の試合内最高アベレージは2.740です。
 2013年にブロンダールが記録し、2015年にもサンチェスが記録しました、どちらも73イニング200点でした。
 さて3アベは近々に実現するのでしょうか。
 40点ゲームなら1ゲーム平均で13イニング内で勝つことが求められるわけです。

 3アベという事は一つのショットが当たる確率はなんと75%にも達するわけですね。
 当てる力というよりいかにミスが無いかというところのプレイになるのでしょう。
 はっきり言ってどんな世界なのか、どうにも想像がつかないですね。

 ここ50年のスリークッション世界選手権試合の結果は相当に伸びていて、入賞選手のアベレージは約2倍にまで伸びています。
 もちろん技術の進化だけではなく、テーブルコンディションやボールコンディションの管理技術も相当大きな影響を持っているのでしょう。

 昨今でもワールドカップの成績は、その開催地によりかなり上下するという事実があります。
 整ったコンディションでは選手全体の成績が伸び、そうするとまだまだすばらしい成績も出てくるのでしょうね。

 それでは一体誰が夢の3アベを実現するのでしょう。
 まず、第一に名が挙がるのはブロンダールでしょう。
 エキジビションではもう数年前にも日本での試合でジャスト3アベを見せてくれていますし、『ブロンダール時代』の本のなかでも自身の最高記録と本人が説明しています。

 ザネッテイも2.500のすばらしい記録がありますが、ブロンダール、ザネッティはこれから50歳中盤を迎えることを考えると、そう十分な時間があるとは言えないのかも知れません。
 この点、コードロン、サンチェス、タイフンら40歳台の選手にはより時間的余裕があります。
 韓国のチョジェホやカンドンコンは30台中盤ですし、キム・ヘンジなどは23歳ですからいくらでもチャンスがあるのでしょう。

 さて、過去50年で見れば世界トップのアベレージが倍近く伸びています、そしてここ3年で2.74が2回も出ていること、そしてワールドカップのトップ選手のアベレージは今も伸び続けていることを考えれば、試合優勝アベレージが3.0超えをすることも、これから何年かの間にはお目にかかれることなのでしょう。

 いやぁ、恐ろしいくらいですが楽しみですね。




スポンサーサイト



COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 関東アマチュア3C連盟 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
12
2
4
5
6
8
9
11
12
13
15
16
17
19
20
22
23
24
25
27
29
31
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ka3cf

Author:ka3cf
FC2ブログへようこそ!














全記事表示リンク

全ての記事を表示する






検索フォーム








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




QRコード

QRコード




FC2カウンター