FC2ブログ

This Archive : 2012年10月

世界ジュニア戦終了

2012.10.29 *Mon
kimhenji.jpg

世界ジュニアスリークッション選手権が終了しました。
終わってみればやはりキム・ヘンジの優勝でした。

1位 キム・ヘンジ(韓国)GA.1.595
2位 カラクルト・オメール(トルコ)GA1.304
3位 キム・ジュンタエ(韓国)GA.1.277
4位 ガルシア・ホセ(スペイン)GA.1.089
5位 ザパタ・デービッド(スペイン)GA.1.829
6位 マルチネス・デービッド(スペイン)GA.1.136
9位 森 雄介(日本)GA.1.000


決勝戦は全く危なげない勝ち方でしたし、決勝トーナメントでは常にハイアベレージで走っていました。
キム・ヘンジは2007年に15歳で世界ジュニアを初優勝、そのあと2008年、2009年はスペインのパラゾン・ジャビエールに連勝されましたが、そのあと2010年、2011年、2012年と3連覇、通算4勝しました。
現在、20才ですのでもう一年出る機会があるのですから、まいっちゃいます。

キム・ヘンジやザパタ・デービッドらのハイアベレージにより今回のジュニアは大変高いアベレージレベルでの戦いになりました。
2008年、2009年はパラゾンが、そして2010年、2011年はキム・ヘンジが1.2台のハイアベレージで優勝してきましたが、また一段と跳ね上がった感があります。
一般のワールドカップトップ10でも恥ずかしくないほどの高いアベレージです。

世界ジュニアのレベルが上がっている中で連続出場している森雄介選手は今年は組み合わせ的にキム・ヘンジとマルチネス・デービッドと同じ組で苦戦を強いられましたが、それでも初めてGA1.000をマークしました。
2007年には0.57、その後0.63、0.79、0.73とアベレージを上げてきていますので来年、再来年の飛躍が期待されますね。

クールマン

世界ジュニアのレベルの高さに驚かされる中、グランドシニアの活躍のニュースも入ってきています。
今年75歳の『神様』レイモンド・クールマンがベルギー国内チャンピオンシップでスモルダース相手に19イニング42点の2.210アベをたたき出しています。
そしてその後、オランダ・リーグではドイツのステファン・ガ―ラに34キュー50対33で勝ち、オランダ・リーグでなんと通算300勝達成だそうです。
 いや、これがどのくらい凄いかっていうと、良くはわかりませんが自国ベルギーではなく隣の国での勝利ですから大変です、多分年間6勝を50年続けたって感じでしょうか?

 スリーは70歳近くなるとなかなか厳しいゲームであるというような失礼な事を以前、ブログで申し上げましたが、『神様』レベルにはこれは当てはまらないようです。
 大変、失礼いたしました。
 ジュニアの20歳くらいから75歳まで、1.5近いハイアベレージのゲームで戦えるのがスリークッションの醍醐味?です、もっとも世界の超天才たちの話ですが。
 いやぁ、本当にいですね。


追記 三段戦決勝結果

1位 牧野 浩(町田) 0.655 4段昇格
2位 大野 裕一(コビー)0.496
3位 佃 昌憲(アドバンス)0.661 4段昇格
4位 矢島 崇志(相馬) 0.568
5位 中村 真矢(高千穂)0.500
スポンサーサイト



COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 関東アマチュア3C連盟 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
2
3
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
23
25
27
28
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ka3cf

Author:ka3cf
FC2ブログへようこそ!














全記事表示リンク

全ての記事を表示する






検索フォーム








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




QRコード

QRコード




FC2カウンター