FC2ブログ

This Archive : 2012年07月

4年に一度ということ

2012.07.30 *Mon
ロンドン金メダル

 4年に一度のスポーツの祭典が始まりました。

 毎夜、いろんな種目が競われ放送されますのでつい見てしまいますが、この暑いさなかですので寝不足には注意しなければいけませんね。
 みなさん、是非ご自愛ください。

 日本選手はいきなり重量挙げで三宅宏美選手が銀メダルを獲得しましたが、重量上げを始めた14歳の年から12年でのメダル獲得、アテネ、北京の2回のオリンピックでの経験を生かした競技の進め方は見事でしたし、親子の絆は感動的でした。

 他方、日本のお家芸である柔道競技では日本勢の苦戦が続き、金メダルを期待された選手がなかなかとれずにいたり、メダルすら届かなかったりしています。
 競泳でもあの北島康介選手も100M平泳ぎでの3連覇はなりませんでした。
 こういう事実をみていると4年に一度の競技会に連続出場するということやその中で勝つというのは実に大変な事だと思いますね。
 相当に抜きんでた実力をしかも長期に渡って維持しなければならないのですから。
 応援する方からすれば、世界選手権で優勝したとかそれくらいの実力がある選手にはつい金メダルをとか期待してしまいますが、4年に一度の機会を生かすということは大変な事ですね。

 例えばスリーのトッププレイヤーで考えると、現在、UMBランキング1位のコードロンがスリーの世界選手権を取ったのはたった一度、それも13年前です。
 現在もランキング3位で25年以上、世界のトップにいるブロムダールでも、世界選手権の優勝回数は4回、最後に勝ったのは15年前の1997年です。
 これほどの力のあるプレイヤー達でも毎年ある世界選手権で10年以上優勝できないのですから、4年に一度のオリンピックでメダルを取ること、ましてや金を連続して獲得する事がどんなに凄いことかと思います。

 女子レスリングでは吉田選手、伊調選手といったオリンピック3連覇をめざす日本選手が登場しますが、日本にこんな選手が2人もいることが奇跡ではないかと思います。
 そしてそんな選手たちの過ごしてきたプロセスに感心してしまいます。
 逆にいえば、期待やら重圧を感じながらも何年もにわたり練習を続けてゆくことができるだけ、競技というものには魅力があるのですね。
 きっと、やればやるほど止められなくなるというものなのでしょう。
 
 そう考えてみると、私たちが楽しんでいるビリヤード競技というものは競技年齢が相当に永いものですし、いつまでも取り組める競技です。
 練習もやればやるほど奥が深くなりますし、かといって練習しすぎで体を壊すということも少ない、懐が厳しくなるということは有りますが。
 
 世界のトップアスリートたちの祭典をテレビ観戦しながら、そのレベルやめざすところは違いもあるにせよ、いつでも没頭できるビリヤード競技を趣味として持っていることに喜びを感じるのは私だけでしょうか。

 あぁ、だからやっぱりスリーはやめられませんね。
 オリンピックを観ていて改めて感じます。


 
 先回の『あなたならどうとる』にはいろいろコメントありがとうございました。
 あるプロからも口頭でコメントを頂きましたがその方の意見はこの配置はそのプレイヤーの技量により推奨は変わるというものでした。
 黄色、赤からの箱はある程度以上の技量が無いとなかなか狙えないので自身の無い方なら無理せず空クッションがお奨め。
 プラスツードンデンや引っかけ回しは技量も相当あってしかも十分に練習しているのが前提との事でした。

 さて今回も『あなたならどうとる』です 
 
あなたどうとる4
スポンサーサイト



COMMENT (7)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 関東アマチュア3C連盟 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
4
6
7
8
10
12
14
15
16
18
20
21
22
24
26
27
28
29
31
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ka3cf

Author:ka3cf
FC2ブログへようこそ!














全記事表示リンク

全ての記事を表示する






検索フォーム








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




QRコード

QRコード




FC2カウンター