FC2ブログ

This Archive : 2011年09月

ワールドカップ ウィーン大会

2011.09.30 *Fri
UMBウィーン

9月26日からUMBワールドカップがオーストリアのウィーンで開催されています。

 今大会には日本からは船木プロ梅田プロの二人の参加です。
 昨日にクオリファイが行われ、船木プロは2勝で見事メイントーナメント出場を果しました。

 メイントーナメント一回戦の船木プロの相手は試合巧者ザネッティ、梅田プロはオランダのクリスティアー二・デーブとの対戦です。
 クリスティアー二という選手はあまりなじみが有りませんが、クオリファイでトルコのユクセル、スペインのパラゾンと同じ組を勝ちあがっていますので相当の実力を持っていることでしょう。

 韓国勢はキョンルー、チョゼホ、チュンボク、ホジュハン、チョサンウォン、カンドンガンと実力者6名がメイントーナメント出場となっており、5名のベルギー勢を数では上回っています。
 先回、スウォンの決勝の組み合わせであったブロンダールVSチョゼホがメイントーナメント一回戦でいきなり組まれているのが興味深いです。

 先月行われた韓国スウォン大会は特別に予選のレベルが高く、それに比較するとウィーンのクオリファイ以前のレベルは相当に差があります。
 PQの通過者のアベレージはスウォンでは1.3以上でしたが、これがウィーンでは0.85位のレベルになります。
 KOZOOMでPQの様子を少しだけ覗いてみましたが、15点の1セット目でいきなり39イニングもかかっている試合が有りました。
 不調な試合を見てどうこう言うのは狭量な考えと思いますが、世界のどこへ行ってもいろいろなレベルのプレイヤーがいて一緒に楽しめる仲間もいるのだと安心します。

 直近約2年間、8回のワールドカップはすべて異なる優勝者で複数回優勝者がいません。
 まさに群雄割拠なのですが、それでも少し前のこのブログでご紹介したとおり4強(ヤスパース、コードロン、ブロンダール、サンチェス)がランキングでは上位4位を占めているわけです。

 そんな中、今回のウィーン大会はどうなるのでしょうか?
 このブログでも時折、様子をお伝えしたいと思いますが、詳細はUMBホームページやKOZOOM(有償)をご覧ください。
http://www.umb.org/

追記
梅田プロ
は敗退しました。しかし、船木プロはザネッティをフルセットで下し、次はサンチェスです。

チョゼホブロンダールの一戦はフルセットの末ブロンダールが勝ちました。

ジュリアン・モラレスはカシドコスタスに勝っていますが、まだ27歳です。
また新星がでてきたようですね。

追記2
残念ながら船木プロはサンチェスに敗れました。

準決勝には4強のうち3人が残り、ヤスパース対ブロンダール、チュネット対コードロンです。
準々決勝でヤスパースは2.8、ブロンダールは2.4、コードロンは2.5のハイアベレージです。
スポンサーサイト



COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 関東アマチュア3C連盟 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
3
4
6
8
10
11
13
14
16
17
19
20
22
23
25
27
29
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ka3cf

Author:ka3cf
FC2ブログへようこそ!














全記事表示リンク

全ての記事を表示する






検索フォーム








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




QRコード

QRコード




FC2カウンター