FC2ブログ

This Archive : 2011年03月

精神力もたまには

2011.03.30 *Wed
世界トップクラスの試合はすごいですね。

 ワールドカップなどのコピーDVDを頂いて良く見ます。
 今の世界トップクラスの試合では2アベ近く当てていても、負けることがあります。
 2アベといえばショットの平均成功確率も7割近くになるわけで、『はんぱなセーフはセーフにならない』と言われるように、難しそうな配置も打ち破ることが多くなります。

 現在のトップクラスプレイヤーは守りもしますが、基本的には攻撃型の試合展開の方が多いし喜ばれますね。

 これが1アベのレベルなら平均成功確率も5割程度なので、難しい配置というのは結構効いてきます。
 一進一退でゲームが進み、後半に互いにいい配置を残さなくなり、しびれてくるためなかなか点も当たらないという展開は良くあります。
 こういう展開の時に精神力や経験というものが必要となるのでしょうし、見どころでもあります、見ていて疲れますが。

 ベテランプロに聞くと、そういうしびれてきた時にこそ凄いプレイをするのが往年の小林神明プロや小森純一プロだったという事をよく耳にします。
 中盤すぎまで相手がリードしていても必ず追いつき、とらえてからは素晴らしいプレイを見せつけ相手には何もさせないというパターンです。
 こういう展開にするには普段からの刷り込みも大事なようで、相手は『また、やられるかも』という思いにかられてしまうのですね。

 今年のAGIPIは、準決勝リーグでキム・キョンルーは1.85のアベレージを出しながらも4戦全敗で消え、チョ・サンウォンはベスト10では最も低いアベレージながら世界チャンプたちにワンモア、ツーモア戦を勝ち抜き優勝しました。
無題

 チョ・サンウォンは韓国プレイヤーの中でも並はずれて精神力が強く、どんなにビハインドしても最後まで決してあきらめずひっくり返すタイプだそうです。
 以前、このブログでも接戦の試合残り5点のアベレージを比べたらどうなるかという話をしましたが、チョ・サンウォンはきっと秀いでているのでしょう。

 『あきれるほどたくさん当てる』プレイも素晴らしいですが、たまにはチョのような精神力の強さを見せてくれる勝負士プレイヤーも観る楽しさを広げてくれますね。

 最近の世界トップクラスは全く群雄割拠の時代となりました。
 技術の高さを見せつけるプレイヤー、集中力と精度の高いプレイヤー、勝負強さや精神力の優れたプレイヤーと個性もさまざまであると、見ていて実に面白いですね。

スポンサーサイト



COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 関東アマチュア3C連盟 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
03
1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
15
16
17
19
20
22
23
25
27
28
29
31
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ka3cf

Author:ka3cf
FC2ブログへようこそ!














全記事表示リンク

全ての記事を表示する






検索フォーム








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




QRコード

QRコード




FC2カウンター