FC2ブログ

This Archive : 2010年10月

ダメ自分からしか得られない物

2010.10.29 *Fri
ブログ編集長です、本日は全日本アマチャンピオンから投稿記事を頂きましたので御紹介します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
十数年前の自分の試合を振り返って調子の良し悪しを割合で見てみると、本当にうまく撞けている時の記憶はなく、良くも悪くもない時が二割くらい、後の八割はうまく撞けなくて試合中ひたすらもがいている状態だったと思います。

試合ではほとんどが『ダメ自分』の記憶ばかりです。
試合中に押せない、引けない、捻れない、のいわゆる三重苦の状態に陥って、右腕もすぐ酸欠状態になってしまっていました。

酸欠状態ってどういう事?と言われる方もいるかと思いますので、ちょっと補足…。
いわゆる筋肉痛と同じ症状だと思うのですが右腕の筋肉がパンパンに張って思うように振れなくなる状態です。
当時は筋肉痛になるくらい無駄に力が入っていたのだと思います(笑)

当時はよくメンタルタフネスの本を手当たり次第に買いあさって読んだりもしましたが、試合ではホームのお店でのアベレージとは比べ物にならないほど惨めでした。

けれどもここ数年はと言うと、好調/普通/低調の比率はおそらく一割/六割/三割っていう感じでしょうか…以前と比べると自分でもかなりまともになったように思います。

かといって何かを見つけた訳でもたいした事をした訳でもありませんが、その話を少しだけ御紹介したいと思います。

まず『ダメ自分』を回想して、不安に思う球の配置を列挙してみます。
直近の試合で何時もは普通に撞いて普通に当てている球なのに、ふと不安になった球、或は恐さを感じた球の配置を残らず書き出します
そしてその配置の球をその時の心理状態を思い返しながら納得のゆくまで撞いてみます。

単純にこれだけなのですが、これを徹底的にやると、きっと試合で普段ホームのお店での常連会のアベレージをコンスタントに出せるようになると思います。
『ダメ自分』に出会えた試合があれば一度試してみて下さい。

きっと高いお金を出してメンタルタフネスの本を読むより効果があると思います。
(以上、投稿記事)


あとがき(編集長):
いやぁ、最強アマも力量が発揮できずにもがいている時があったのですね。
試合のときの『ダメ自分』の状況をしっかりと記憶、要因分析し解決する・・普通の事のようでなかなかできないのですね、これが。
しかし、メンタリティに不安のある方は試してみない手はありませんね。

チャンピオンの投稿に感謝いたします。
スポンサーサイト



COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © 関東アマチュア3C連盟 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
2
3
5
6
7
9
10
12
14
15
16
17
19
20
21
23
25
27
28
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ka3cf

Author:ka3cf
FC2ブログへようこそ!














全記事表示リンク

全ての記事を表示する






検索フォーム








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




QRコード

QRコード




FC2カウンター